2007年1月30日 (火)

『虎渓山』 ~2007年 1月13日(土)~

この日は多治見市にある虎渓山へ行って来ました。ここ虎渓山にある永保寺は平成15年の秋に発生した火災で焼失してしまい今も再建中です。

01_16

再建中の永保寺から国宝観音堂を望む。

02_16

03_14

観音堂へやって来ました。

04_20
< 国 宝 観 音 堂 >

05_10

池にはたくさんの鯉が・・・

06_10

六角堂が見えます。 詳しい説明は下の写真を見て下さい。

07_9

08_11

池の畔には残雪が・・・

09_8

池を抜けると開山堂があります。詳しくは下を。

10_8

11_10

この川は土岐川です。

12_7

おみくじのだるまさんが至る所に置いてあります。

14_7

13_9

15_4

17_4

18_6

19_8

20_8

21_3

22_3

|

2007年1月14日 (日)

『初 詣』 ~2007年 1月 5日(金)~

1月5日(金)に京都まで初詣に行って来ました。京都へはよくJRツアーズの「ぷらっとこだま」をよく利用しますが、今回は「日帰り1day京都(セレクトプラン)です。

※今回利用したセレクトプランはクーポンを使えるお店24店舗,レンタカー,土産屋で約3000円相当分が使えますのでかなりお得ですよ!

名古屋8:46発のこだまに乗り1時間弱であっという間に京都へ到着!到着したその足で「一澤信三郎帆布」へ直行!およそ1時間程並んでかばんを一つ購入しました。

Photo_4
↑この写真は2006年 4月に来たときの写真です

店を出た時にはお昼近かったので、本日昼食を予定していたお店「いもぼう平野屋本家」へ向かいました。

001_8

こちらでは「花御膳」をいただきましたが、ここの代金はセレクトプランに入っているので食事代は一切掛かりません。詳しいメニューはHPを参考にして下さい。

店を後にして、まずは「八坂神社」にやって来ました。

002_7
< 八坂神社 西桜門 >

●ひとくちメモ
有名な祇園祭はこの神社の祭礼。平安遷都の約150年前にあたる656年に、神霊をこの地に祀ったことがはじまりとされている。京都を代表する神社として、正月には多くの参拝者が訪れる。

振り返ると祇園の町並みが・・・

003_7

八坂神社を後にして続いて「平安神宮」へ向かいました。


004_4
↑神宮通にある大鳥居です

大鳥居を抜けしばらく歩くと・・・

005_6
< 応 天 門 >

振り返ってみました。

007_5

応天門を抜け正面に見えるのが・・・

006_6
< 大 極 殿 >

大極殿手前の左右には・・・

008_6 009_2 
↑詳しくはクリックして読んでみて下さい

●ひとくちメモ
平安神宮は,平安遷都1100年を記念して,明治28年(1895)に第50代桓武天皇を祀って創建された。その後,皇紀2600年にあたる昭和15年(1940)には,今日と最後の天皇,第121代孝明天皇が合祀された。平安神宮の社殿は,桓武天皇が開かれた当時の平安京正庁の朝堂院を8分の5の規模で再現したものである。
 約3万㎡の神苑は,明治時代を代表する小川治兵衛の作で,琵琶湖疎水の水を使った池泉回遊式の雄大な庭園で,桜,サツキ,杜若,花菖蒲,睡蓮,楓など四季それぞれに美しい。

平安神宮を後にしてバスを待っていると、上賀茂神社行きが来たので時間にもまだ余裕があるということでバスに乗り込みました。
バスに乗っておよそ1時間20分。やっとの思いで
「上賀茂神社」へ到着です!

001_9
< 一 の 鳥 居 >

鳥居をくぐると・・・
参道が続いております。
中央に「二の鳥居」が見えます。

003_8
< 細殿(拝殿)と立砂 >

細殿の脇を抜け、見えてきたのは・・・

004_6

< 桜 門 と 玉 橋 >

桜門をくぐると参拝所になっています。

007_8

この先に「本殿」「権殿」ありますが・・・
ここからは撮影禁止です。

●ひとくちメモ
葵祭りで知られる上賀茂神社は、正式には賀茂別雷(かものわけいかづち)神社という。創建はかなり古く、平安京造営以前から先住していた賀茂族の氏神として祀られたのがはじまり。平安時代には王城鎮護の守護神として尊ばれた。一の鳥居から二の鳥居まで一面に芝生がひかれ、社殿40棟が並ぶ。御手洗川の奥にある、楢の小川にかかる丹塗りをわたると、国宝の本殿と権殿が建っていて、三間社流造(さんげんしゃながれづく)りの雅やかな姿を見せている。現在の建物は両殿とも文久3年(1863)に改築されたものだが、優雅な造形が王朝の昔をしのばせる。

上賀茂神社を後にして、京都駅に戻ってきた時にはしっかり日が暮れておりました。

010_5
< 京 都 タ ワ ー >

この後、京都タワー近くの店で晩ご飯を食べ再び名古屋に向けて出発し、帰宅の戸につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

『上賀茂神社』

     ◆世界遺産登録月:1994年(平成 6年)12月◆

【古都京都の文化財】

登録物件は、京都府京都市に点在する賀茂別雷神社、賀茂御祖神社、教王護国寺水寺醍醐寺仁和寺高山寺、西芳寺、鹿苑寺慈照寺天龍寺龍安寺、本願寺、二条城、京都府宇治市にある平等院、宇治上神社、滋賀県大津市にある延暦寺の17件。
登録地域は、17件の遺産物件とその周辺の緩衝地帯を加えた約10.6k㎡。
↑マーキングしてある所は制覇しました!順次更新していきます。

001_7
< 一 の 鳥 居 >

鳥居をくぐると・・・
参道が続いております。
中央に「二の鳥居」が見えます。

002_6
< 二 の 鳥 居 >

二の鳥居をくぐると・・・

003_6
< 細殿(拝殿)と立砂 >

●ひとくちメモ
立砂は円錐形の麗しい御神体山である神山をかたちどったもので、一種の神籬(ひもろぎ)(神様が降りられる憑代(よりしろ))である。鬼門、裏鬼門にお砂「清めのお砂」をまくのはこの立砂の信仰が起源である

細殿を抜けさらに進むと・・・

006_5
< 舞 殿 >

舞殿の下を流れているのが「ならの小川」

004_3
< 桜 門 と 玉 橋 >

桜門の前玉橋の下を流れているのが「御物忌川(おものいがわ)」で「御手洗川」と合流して「ならの小川」となる

005_5

桜門をくぐると参拝所になっています。


007_4

この先に「本殿」「権殿」ありますが・・・
ここからは撮影禁止です。

●ひとくちメモ
葵祭りで知られる上賀茂神社は、正式には賀茂別雷(かものわけいかづち)神社という。創建はかなり古く、平安京造営以前から先住していた賀茂族の氏神として祀られたのがはじまり。平安時代には王城鎮護の守護神として尊ばれた。一の鳥居から二の鳥居まで一面に芝生がひかれ、社殿40棟が並ぶ。御手洗川の奥にある、楢の小川にかかる丹塗りをわたると、国宝の本殿と権殿が建っていて、三間社流造(さんげんしゃながれづく)りの雅やかな姿を見せている。現在の建物は両殿とも文久3年(1863)に改築されたものだが、優雅な造形が王朝の昔をしのばせる。

                           [ 2007年 1月 5日撮影 ]

■交通アクセス  :市バス 上賀茂神社前からすぐ
■時間             :9:00~17:30
■拝観料          :参拝自由
■問い合わせ先 :〒603-8047
            京都市北区上賀茂本山339 賀茂別雷神社社務所
                        Tel:075-781-0011 Fax:075-702-6618
■ホームページ  : http://www.kamigamojinja.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月24日 (日)

『牡蠣を食べに・・・』~2006年12月23日(土)~

今日は牡蠣を食べに四日市まで行って来ました。ここの店はお気に入りで毎年一回は食べに来ております。牡蠣は広島産の牡蠣を使用しており、少し小振りですがとてもおいしいです。特にここのかき鍋は最高です!

Photo_1
本日の店はこちら→http://www.kakihiro.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

『北海道旅行 その①』 ~2006年11月16・17・18日~

もう1ヶ月ほど前になりますが、11月16日(木)から18日(土)迄の2泊3日で北海道旅行へ行って来ました。前日の15日に千島列島沖でM8.2の地震、航空会社がストを予定と不安でいっぱいでしたが無事行って来ることが出来ました。

【 1日目 】
14時40分セントレア発 JAL3111便は無事、新千歳空港へ旅立ちました。およそ1時間40分のフライトです。
新千歳空港へはあっという間に到着。辺りはすでに暗くなっており、吐く息も白く寒さが感じられました。
しばらく空港内を散策し、17時にホテルのシャトルバスに乗り込み1時間程で、本日の宿のある登別温泉へ到着です。

01_13 
< 日 和 山 と 大 湯 沼 >

【続きは後日アップします。】しばしお待ちを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月28日 (火)

『タワーズイルミネーション』 ~2006年11月28日(火)~

今日は一日名古屋の栄で講習があったんで、帰りにタワーズのイルミネーションを見てきました。

02_15

03_13

04_19

05_9

01_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

『飛騨国分寺』 ~2006年11月25日(土)~

先週の土曜日、会社の忘年会で高山まで飛騨牛を食べに行って来ました。少し、自由時間があったんで、飛騨国分寺まで足を延ばし大銀杏をアップしました。

行きのひるがの高原SAでの一枚
01_14

三重塔と大銀杏
02_14

03_12

08_10

04_18

06_9

道端で見つけた紅葉
07_8

05_8

●飛騨国分寺
聖武天皇の勅願によって建立。草建は天平18年。開基は行基菩薩。当時建てられた七重大塔の巨大な礎石が残っています。本堂は室町時代の建築。樹齢1250年以上といわれる大イチョウ、飛騨地方唯一の三重塔、本尊には薬師如来坐像等が安置されてます。

●飛騨国分寺の大銀杏
樹齢推定1.250年の雄木で、たくさん垂下する気根(空気中に出る根)を乳房に見立て、「乳イチョウ」とも呼ばれている。由来については往昔行基菩薩の手植と伝えられ、乳の出ない母親がここでお参りをするとにより乳がよく出るといわれている。根元に子育地蔵尊が祀られてある。昔から、国分寺のイチョウの葉が落ちれば雪が降る、とも言い慣らされている。
《国指定天然記念物》昭和28年3月31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

『両界山 横蔵寺』 ~2006年11月12日(日)~

紅葉にはまだ少し早かったが、岐阜にある『両界山 横蔵寺』へ行って来ました。

02_13

境内に入ります。
ここら辺は少し色づいていました。

P1000002

朱色の太鼓橋を渡って・・・

04_17

正面に山門が見えて来ました。

05_7

山門をくぐり右手に三重塔があります。

06_8

正面にあるのが本堂です。

09_7

振り返ってみると・・・

07_7

横蔵寺の境内はこのようになっております。

08_9

綺麗に紅葉しております。

10_7

ズームしてみました。

01_12

ミイラが安置されている舎利堂です。

11_9

内容はこちら↓

12_6

舎利堂を後にして再び・・・

13_8

紅葉するとこんな感じに・・・
全国地域観光情報センター内の写真を引用させて頂きました。

K2108a1

●ひとくちメモ
801年(延暦20)に伝教大師最澄[さいちょう]が創建したと伝えられている寺。本尊には薬師如来像(重要文化財)や大日如来像(重要文化財)などが祭られている。舎利堂には、即身成仏した妙心法師のミイラが安置されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

『ツインアーチ138』 ~2006年10月22日(日)~

先週に引き続いて、今回は一宮にある木曽三川公園「138タワーパーク」へ行って来ました!

03_10

早速タワーへ・・・
料金は500円ですが、JAF会員は2割引の400円です。

04_16
19_7 

          < 公園内を一望 >
20_7

          < 川島の観覧車 >

●ひとくちメモ
138タワーパークのメイン施設の展望タワー「ツインアーチ138」は高さの異なる2本の双曲線アーチと、中央のエレベーターシャフトが「木曽三川の雄大な流れ」を象徴しています。展望タワーの最高部の高さ一宮市にちなみ、138mを有し、アーチ式では、日本初東洋一高い施設です。地上100mの展望階とは2基の高速エレベーターにより約70秒で結びます。

続いて園内を散策です。

05_6

コスモス畑です。

06_7 08

10_6 11_8 12_5 13_6

少し頭上より撮影です!

07_6

季節はずれの桜かな!?

↓ピンボケですいません。


14_6

バラも咲いていました。

16_3 17_3 15_3

朝顔も・・・

18_5

本日のベストショットかな! 

02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

『木曽三川公園』 ~2006年10月15日(日)~

先週末も天気が良く絶好のドライブ日和!ってな訳で、木曽三川公園へ行って来ました。

早速、門をくぐります。

Dscn1569

正面に展望タワーが見えます。高さは65mです。

02_9

噴水が見えます。

03_9

大花壇へ向かいます。

04_8 05_5

アップしてみました。

07_5 09_6 08_8

キバナコスモスは満開です。
バックに見えるのは養老山地です。

06_6

芝生広場から展望タワーを望む。

18_4

再び展望タワーへ・・・
展望タワー入り口付近に居ます。
480円払って展望タワーへ。(JAF会員は2割引になります)

10_5

高さ65mからの眺めです。

12_4 13_5
  <遠くにセントラルタワーズが見えます>                <養老山地です>
14_5 15_2
  <こちらは鈴鹿山脈・御在所方面です>                      <千本松原>

展望タワーに登って始めて分かりました。

11_6

木曽三川公園を後にして途中でちょっと寄り道を・・・
ここ「道の駅 立田ふれあいの里」は地域の野菜など格安で販売しております。

19_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『総本山 醍醐寺』