« 『マイアミバイス』試写会 | トップページ | 『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~ »

2006年8月31日 (木)

『日光東照宮』

     ◆世界遺産登録月:1999年(平成11年)12月◆

8世紀の輪王寺の開創以来、日光は信仰の中心地となりました。日光の社寺は、雄大な自然を背景に、江戸時代初期の絢爛豪華な建築様式を今に伝えています。

【日光東照宮】
徳川家康(1542~1616)の墓所として、1617年に建設され、3代将軍・家光が1634~36年に大造替を行いました。精緻な彫刻とカラフルな色使いの、華麗な建築群は、見る者を圧倒します。
【日光山輪王寺】
766年(奈良時代)、勝連上人が日光山内に四本龍寺を創建。以来、日本古来の神を仏として崇めるという仏教と神道が融合した独自の信仰が育まれていましたが、1868年の神仏分離令以降、日光山内の仏教系建築物を総称して輪王寺と呼んでいます。
徳川家光の霊廟『大猷院』や、天海大僧正の霊廟『慈眼堂』などがあります。
【日光二荒山神社】

勝連上人が790年に本宮神社を建てたことに始まります。二荒山神社は、東照宮以外の日光山一帯に点在する神道系の建物の総称です。

002_5
< 一 ノ 鳥 居 >

表参道をのぼり切ったところに立つ一ノ鳥居は、高さ9m、柱の廻り3.6mの明神鳥居で、石の鳥居としては日本一高くて大きい。
元和4年(1618)黒田筑前守長政(52万石)が福岡県志摩郡小金村から花崗岩(かこうがん)の巨石を切り出し、海路を運搬して建てたという。中央には、後水尾天皇の宸筆(しんぴつ)による東照大権現の大額が掲げられている。

  一ノ鳥居をくぐり左手にあるのが、

004_1 008_2
< 五 重 塔 >

1650年に小浜藩主酒井忠勝が奉納したが、1815年に落雷で焼失、現在の塔は1818年に酒井忠近が再建したものだという。各層には極彩色の彫刻が施され、見るものの目を奪う。
五重塔の内部には大日如来像が安置されている。石鳥居(神社)のそばに五重塔(仏閣)があるのは、神仏混淆(しんぶつこんこう)の名残で、興味深い。

005_2
< 表  門 >

表門は、東照宮第一の門で、総門とも仁王門とも呼ばれるが、三間一戸の八脚門である。朱色が鮮やかで、背面には金色の狛犬が飾られ、柱の上部には猿や象をはじめ66の彫刻が施されている。

  表門をくぐり左手にある神厩舎です。ここにあるのが有名な・・・

003_3
< 三 猿 の 彫 刻 >

東照宮で最も有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻は、神厩舎の8枚の欄間の2番目にあたるもので、猿の一生をもって人間の生涯を風刺した物語となっている。

006_3
< 二 ノ 鳥 居 >

高さ6㍍の青銅製の鳥居。寛永の大造替の祭に家光が建立した。

  正面に見えるのが陽明門。 左にあるのが鼓楼。右にあるのが鐘楼です。

  そしてお待ちかねの・・・

007_2
< 陽 明 門 >

国宝・陽明門は、朝廷から御所十二門の中の名称を賜ったもので、寛永13年(1636)に完成した。高さ11m、間口7m、奥行4mの12脚門は、日光を象徴する建物である。
柱は欅(けやき)に渦巻きの彫刻をして、動物や花などが彫ってあり、右側2番目の柱だけは渦巻きの彫刻が逆さになっており、「魔除けの逆柱」と呼ばれる。天井に狩野探幽が描いた「八方睨みの昇竜、四方睨みの降竜、天人舞楽の絵がある。総工費は23,487両と記録されている。

021     とうしょうだいごんげん
< 東 照 大 権 現 >

陽明門の前面上部には、後水尾天皇の宸筆(しんぴつ)による「東照大権現」の勅額があり、勅額門ともいわれる。東照宮という名はここから生まれた。陽明門より奥は、明治維新まで庶民は入ることができなかったという。
勅額の下に沢山の龍頭が横二列に並んでいるが、よく見るとどれ一つ同じデザインのものはない。口の開け方や歯の形などが微妙に違っている。

  陽明門を入って正面に見えるのが唐門。

020_2
< 唐 門 >

彩色を白と黒のみとする建物だが、精巧で優雅な彫刻や欄間の彫り抜きは陽明門を凌ぐともいわれる。柱には唐木の寄木細工で昇龍・降龍の彫刻があり、屋根には「鰭切れ(ひれきれ)の龍(昼の守)」と「つつが(獣偏けものへんに恙つつが)(夜の守)」が飾られている。

            [ 2005年 8月 6日撮影 ]

■交通アクセス  :JR・東武日光駅から東武バス、西参道下車。バス停から徒歩10分。

■営業時間       :8:00~17:00 ※11月~3月は ~16:00

■休館日          :なし

■入場料          :二社一寺共通参拝券1,000円(参拝箇所に制限有り)
             ・日光東照宮 東照宮券 1,300円
             ・日光山輪王寺 輪王寺券 900円
             ・日光二荒山神社 本社神苑入園料(化灯籠含) 200円

■問い合わせ先 :日光東照宮         0288-54-0560

                         日光山輪王寺       0288-54-0531

                         日光二荒山神社    0288-54-0535

|

« 『マイアミバイス』試写会 | トップページ | 『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日光東照宮』:

« 『マイアミバイス』試写会 | トップページ | 『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~ »