« 『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~ | トップページ | 『栂尾山 高山寺』 »

2006年9月 6日 (水)

『日光二荒山神社』

     ◆世界遺産登録月:1999年(平成11年)12月◆

8世紀の輪王寺の開創以来、日光は信仰の中心地となりました。日光の社寺は、雄大な自然を背景に、江戸時代初期の絢爛豪華な建築様式を今に伝えています。

【日光東照宮】
徳川家康(1542~1616)の墓所として、1617年に建設され、3代将軍・家光が1634~36年に大造替を行いました。精緻な彫刻とカラフルな色使いの、華麗な建築群は、見る者を圧倒します。
【日光山輪王寺】
766年(奈良時代)、勝連上人が日光山内に四本龍寺を創建。以来、日本古来の神を仏として崇めるという仏教と神道が融合した独自の信仰が育まれていましたが、1868年の神仏分離令以降、日光山内の仏教系建築物を総称して輪王寺と呼んでいます。
徳川家光の霊廟『大猷院』や、天海大僧正の霊廟『慈眼堂』などがあります。
【日光二荒山神社】

勝連上人が790年に本宮神社を建てたことに始まります。二荒山神社は、東照宮以外の日光山一帯に点在する神道系の建物の総称です。

東照宮の左脇の上新道を進みます。

022_1

しばらくして見えてきたのが・・・

023_1
 < 桜  門 >

桜門をくぐり堂々とそびえ立つのは・・・

中央にある大きな建物が拝殿です。

024_1
 < 銅  鳥 居  >

025_2
 < 拝 殿  >

拝殿を抜けると・・・

026_1
 < 本 殿  >
1619年2代将軍秀忠により、造営寄進された、安土桃山様式の優美な建造物。

本殿の際にあるのが・・・

027 028
< 化 燈 籠 >                       < 大 国 殿 >
燈籠の縁には、山内の警備にあたって     大国主命を祭った宝形造の建物。
いた武士に斬りつけられた際に受けた
多くの刀傷が現在も残る。

029_1 030_1
< 朋 友 神 社 >                   < 二 荒 霊 泉 >

帰りは正面より門を出ました。

031_1
< 神  門 >

門を出るとまた鳥居が。

門を出て右手に向かえば「輪王寺大猷院」。そのまま坂を下れば西参道へ・・・


032_1
< 大 鳥 居 >

            [ 2005年 8月 6日撮影 ]

■交通アクセス  :JR・東武日光駅から東武バス、西参道下車。バス停から徒歩10分。

■営業時間       :8:00~17:00 ※11月~3月は ~16:00

■休館日          :なし

■入場料          :二社一寺共通参拝券1,000円(参拝箇所に制限有り)
             ・日光東照宮 東照宮券 1,300円
             ・日光山輪王寺 輪王寺券 900円
             ・日光二荒山神社 本社神苑入園料(化灯籠含) 200円

■問い合わせ先 :日光東照宮         0288-54-0560

                         日光山輪王寺       0288-54-0531

                         日光二荒山神社    0288-54-0535

|

« 『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~ | トップページ | 『栂尾山 高山寺』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日光二荒山神社』:

« 『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~ | トップページ | 『栂尾山 高山寺』 »