« 『牡蠣を食べに・・・』~2006年12月23日(土)~ | トップページ | 『初 詣』 ~2007年 1月 5日(金)~ »

2007年1月 7日 (日)

『上賀茂神社』

     ◆世界遺産登録月:1994年(平成 6年)12月◆

【古都京都の文化財】

登録物件は、京都府京都市に点在する賀茂別雷神社、賀茂御祖神社、教王護国寺水寺醍醐寺仁和寺高山寺、西芳寺、鹿苑寺慈照寺天龍寺龍安寺、本願寺、二条城、京都府宇治市にある平等院、宇治上神社、滋賀県大津市にある延暦寺の17件。
登録地域は、17件の遺産物件とその周辺の緩衝地帯を加えた約10.6k㎡。
↑マーキングしてある所は制覇しました!順次更新していきます。

001_7
< 一 の 鳥 居 >

鳥居をくぐると・・・
参道が続いております。
中央に「二の鳥居」が見えます。

002_6
< 二 の 鳥 居 >

二の鳥居をくぐると・・・

003_6
< 細殿(拝殿)と立砂 >

●ひとくちメモ
立砂は円錐形の麗しい御神体山である神山をかたちどったもので、一種の神籬(ひもろぎ)(神様が降りられる憑代(よりしろ))である。鬼門、裏鬼門にお砂「清めのお砂」をまくのはこの立砂の信仰が起源である

細殿を抜けさらに進むと・・・

006_5
< 舞 殿 >

舞殿の下を流れているのが「ならの小川」

004_3
< 桜 門 と 玉 橋 >

桜門の前玉橋の下を流れているのが「御物忌川(おものいがわ)」で「御手洗川」と合流して「ならの小川」となる

005_5

桜門をくぐると参拝所になっています。


007_4

この先に「本殿」「権殿」ありますが・・・
ここからは撮影禁止です。

●ひとくちメモ
葵祭りで知られる上賀茂神社は、正式には賀茂別雷(かものわけいかづち)神社という。創建はかなり古く、平安京造営以前から先住していた賀茂族の氏神として祀られたのがはじまり。平安時代には王城鎮護の守護神として尊ばれた。一の鳥居から二の鳥居まで一面に芝生がひかれ、社殿40棟が並ぶ。御手洗川の奥にある、楢の小川にかかる丹塗りをわたると、国宝の本殿と権殿が建っていて、三間社流造(さんげんしゃながれづく)りの雅やかな姿を見せている。現在の建物は両殿とも文久3年(1863)に改築されたものだが、優雅な造形が王朝の昔をしのばせる。

                           [ 2007年 1月 5日撮影 ]

■交通アクセス  :市バス 上賀茂神社前からすぐ
■時間             :9:00~17:30
■拝観料          :参拝自由
■問い合わせ先 :〒603-8047
            京都市北区上賀茂本山339 賀茂別雷神社社務所
                        Tel:075-781-0011 Fax:075-702-6618
■ホームページ  : http://www.kamigamojinja.jp/index.html

|

« 『牡蠣を食べに・・・』~2006年12月23日(土)~ | トップページ | 『初 詣』 ~2007年 1月 5日(金)~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『上賀茂神社』:

» 銀閣寺、銀閣寺に銀箔は張られていなかった! [今日の気になるニュース@総合]
銀閣寺には銀箔は張られていなかったことが明らかにされました。 銀閣寺には銀箔は張られていなかったことが、銀閣寺の初の科学調査で明らかにされました。詳しくは続きをどうぞ! [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 01時54分

« 『牡蠣を食べに・・・』~2006年12月23日(土)~ | トップページ | 『初 詣』 ~2007年 1月 5日(金)~ »