2006年8月29日 (火)

『マイアミバイス』試写会

8月18日(金)になりますが、 「マイアミバイス」 試写会へ行って来ました。
試写会なのに始めの挨拶等も特になく時間が来たらいきなり上映。何とも味気なかったが、タダで観れるんでよしとするか!
で、内容はというと、コリン・ファレルがワイルドになってた。どうも「S.W.A.T.」の時のイメージが強いようで。ソニーとリカルドの正反対なところ(恋愛に関しても)。すべての鍵を握る女イザベラとの微妙な関係!派手な銃撃戦ありとあっという間の130分でした。

「マイアミバイス」は84年~89年に全米で放送され、ハードなストーリーや洗練されたファッション、有名アーチストによる音楽などで人気を呼んだ。映画 「ヒート」 「コラテラル」などを手掛けたマン監督は、テレビシリーズの製作総指揮を務めていた。

Miami1

<ストーリー>

主人公は、マイアミ警察特捜課潜入捜査官で、プレーボーイのソニー・クロケット(コリン・ファレル)と堅物のリカルド・タブス(ジェイミー・フォックス)。性格は正反対だが、固いきずなで結ばれた名コンビだ。ある日、情報屋の家族が殺され、本人は自殺、その後FBIの潜入捜査官が、おとり捜査中に殺された。南米と北米を結ぶ巨大な麻薬密輸組織に捜査情報が漏れていると考えたFBIは、捜査には関係のないクロケットとタブスに組織の拠点コロンビアへの潜入を依頼する……という物語。
(NSN毎日インタラクティブ記事 一部引用)

9月2日より全国ロードショー!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

バルトの楽園に生板東が・・・

Kc360006_1昨日はブルーボネットへ行き、その後『バルトの楽園』を観て来ました。
実は先週『MI3』を観に行き、そこでアンケートに答え投函したら見事当選!!
監督の出目昌伸氏と出演者の板東英二氏の舞台挨拶があり、しかも料金がタダということで観に行くことになりました。はじめて見る生板東はテレビのまんまでようしゃべってました。監督の5倍はしゃべってたかな。話の中で板東氏は旧満州国の生まれで、その後徳島に来たということで、今回の映画の舞台である板東俘虜収容所で子供の頃よく悪さをしていたそうです。ん?ってことはバルトの楽園は第一次世界大戦の時の話だから第二次世界大戦後までは収容所は存在してたのかなぁ~。内容はとても分かりやすく、ジーンとくるシーン、時折笑えるシーンもあり良かったですよ!

メイキング・オブ バルトの楽園 DVD メイキング・オブ バルトの楽園

販売元:東映
発売日:2006/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

                      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

『ミッション:インポッシブル3』

先行上映でMi-3観てきました!!この日はちょうど1日だったんで1000円で観れた
のはラッキーでした。
トム・クルーズ相変わらずかっこいいねぇ~。そしてあの曲!テーマソングを聴くだけで
体がゾクゾクします。
ストーリーも分かりやすくアクションシーンも最高!心拍数上がりまくりですわ。

公開は7月8日(土)!!是非、観てみて下さい!!

http://team.mi-3.jp/index.html  ←クリックしてみて下さい

【ストーリー】

イーサン・ハント(トム・クルーズ)の新たなミッションは、スパイを引退し教官になった彼が、自らの教え子、リンゼイ(ケリー・ラッセル)の危機に再び立ち上がることから始まる。しかし、事態はイーサンの予想を遥かに超えるものになってゆく。謎めいた暗号名「ラビットフット」とは何か? その「ラビットフット」の正体を知る強大な敵、オーウェン・デヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)の出現。そしてこのミッションはイーサンの本当の姿を知らないフィアンセ(ミシェル・モナハン)の命を危険にさらし、イーサン自身もかつて経験したことのない絶体絶命のピンチに陥っていく…。

果たして彼はタイムリミットが迫る中、IMFの仲間(ヴィング・レイムス、ジョナサン・リス=マイヤーズ、マギーQ)と共に世界を駆け巡り、不可能なミッションを遂行できるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)