2006年10月 3日 (火)

『長浜城と黒壁スクエア②』 ~2006年9月24日(日)~

長浜城を後にして続いて黒壁スクエアにやって来ました。

ちょうど昼も過ぎお腹が空いていたので・・・

まずはここ黒壁8号館で焼き鯖そうめんをいただきました。

13_2

腹ごしらえをしぷらっと歩きます。

大手門通りです。

12_2

14_1 Dscn1520

ながはま御坊表参道をしばし歩いて見えてきたのが・・・

16_1
< 大  通  寺 山 門 >
文化五年(1808)起工し、33年後の天保十一年(1841)落成した。総ケヤキ造りで、近世大型建築としては、県内屈指の名作である。

17_1
< 本 堂 ・ 阿 弥 陀 堂 >

もと伏見城の殿舎であったが、大谷派本願寺が分立した際、御影堂として移されたその御影堂を承応年間(1652~1654)に当寺に移して本堂とした。

18_2 19_2
●ひとくちメモ
慶長7年(1602)、教如上人(本願寺12世住職)は徳川家康より本願寺の分立の許可を得て大谷派本願寺(東本願寺)を興されました。これにともない長浜城の旧地に移っていた当寺は道場から無礙智山大通寺と号して発足しました。
大谷派本願寺第13世・宣如上人の長男霊瑞院宣澄が住職として入寺1639(寛叡16年)し、これを契機に当寺は彦根藩主・井伊直孝の援助を得て寺域の拡大をはかると共に、東本願寺より伏見城の遺構と伝えられる本堂や広間を譲り受け、寺観の整備を図りました。ここに当寺は真宗大谷派の別格別院として七千坪の境内を要し、名実共に当地方における信仰の要として今日に到っています。

大通寺を後にして、巨大万華鏡の看板が・・・

20_1 21_1

しばらく歩いてJR長浜駅前へ。

22
< 秀 吉 ・ 三 成 出 逢 の 像 >

そのまま駐車場まで歩き、家路に向かうことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

『長浜城と黒壁スクエア①』 ~2006年9月24日(日)~

今日も朝から天気が良く、絶好のドライブ日和!!
ってな訳で、長浜へ車を走らせた。


名古屋を出て約2時間半。無事長浜へ到着です。が、無料駐車場はどこもいっぱいだったため、500円払って有料駐車場へ。

ここ長浜は、現在、NHK大河ドラマ「功名が辻」の関係で、いつもより観光客が多いようです。

そして、まずは豊公園内にある長浜城へ!

02_3
●ひとくちメモ
琵琶湖岸にある豊公園は、「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所。
4月上旬から中旬にかけて、ソメイヨシノを中心に約800本の桜が一斉に咲き誇ります。

見えてきました長浜城天守閣。

01_6

入館券400円払って中へ・・・

03_5

一気に展望台へ・・・

04_4 05_4 06_3
   < 琵琶湖が見えます >         < 微かに彦根城が >            < 伊吹山です >

館内をしばらく見学して再び場外へ・・・

Dscn1514  

彼岸花が咲いていました。

Dscn1510

彼岸花の先に・・・

08_5 09_3 
                  < 天守閣跡に立つ秀吉公像 と長浜城天守閣跡碑 >

11_4

●ひとくちメモ
長浜城は、古くは今浜城といい、南北朝時代、足利尊氏の重臣「バサラ大名」として有名な京極道誉の家臣今浜六郎左衛門が創築し、その後、上坂氏が守将として在城したと言われている。天正の初め、一国一城の主となった羽柴秀吉がこの地に城を築き、地名を長浜と改め、約七年間居城した。天正13(1585)年から18年まで山内一豊が在城した。
現在の長浜城は昭和58年(1983)に再興された天守閣であり、長浜城歴史博物館となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

『伊吹山ドライブウェイ』 ~2006年 9月 2日(土)~

今日は天気も良かったんでぷらっと伊吹山へ・・・GO!GO!

名古屋から途中、養老SAで休憩し、関ヶ原ICを降りてしばらく走り左手に見えて来たのが伊吹山ドライブウェイ入り口の料金所。
3,000円払って山頂を目指す!

途中、風景を眺めつつ、ちょっと少休憩。
標高1000メートル付近のパーキングです!

01 02

休憩の後、一気に山頂駐車場へ・・・

車を降りて今度は歩いて山頂を目指すことにした。

山頂を目指すには2つルートがあったが、琵琶湖の見える西遊歩道を選択した。

03 04

地面はこんな感じ・・・ 石灰岩だそうです。

05_1 06_1

登り始めて後ろを振り返ると・・・

07

更に歩き続けます・・・

見事なサラシナショウマの群生です。

08

       <山頂に向かう途中で出会った高山植物>
09 11_1 10
   <サラシナショウマ>        <アキノキリンソウ>              <クガイソウ> 

12 13 15
      <  ? >           <カワラナデシコ>           < ? >

ここで琵琶湖を眺めながら休憩。

19

18 20
               < 琵琶湖を望む>                    < スキー場よりの登山道 >

ようやく山頂が見えてきました。

もう一息だぁ~!!

16

上にある石で積んであるのは何だろう?

17

やっと山頂へ到着です!!

21
< 日 本 武 尊 像 (ヤマトタケルノミコト) >

23

●ひとくちメモ
伊吹山は滋賀県と岐阜県との境に位置する,伊吹山地の主峰で標高1,377m。山頂からは眼下の長浜の街や琵琶湖はもちろんのこと,晴れた日には日本海や遠く立山なども見える。
また、伊吹山は標高はそれほど高くはないが,滋賀,岐阜の盆地の中では際立っており,風が強く吹くこと,そして石灰岩の土壌で地表水がほとんどないことから高い木は生えず,山頂には多くの花が咲く草原となっている。昔から薬草の宝庫としても知られ,信長がポルトガルの宣教師の請願でここに薬草園を開き,西洋から薬草を取り寄せ,植えさせたとの言い伝えがあり,麓には薬草風呂もある。

売店もたくさんありぃ~。

25_1 22_1

しばしの間山頂からの景色を堪能しつつ・・・

帰りは中央遊歩道で帰る事にした。(所要時間はおよそ20分)

24_3  

【ドライブメモ】
交通費 : 東名春日井IC-名神関ヶ原IC 1,500円
       伊吹山ドライブウェイ       3,000円

時  間 :  約2.0時間(休憩含む)

| | コメント (0) | トラックバック (0)